スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】世界で成功するビジネスセンス

この手の本を読もうと思って探してた去年の12月。図書館でいくつか予約して、一番早く手元に届いたのがこの『世界で成功するビジネスセンス』でした。

私はこの手のビジネス本というのを最初から最後まで読みきったことがほとんどありません。
でも、これを手にして読み始めたら、思わぬ縁がめぐってきたりして、読み進める目に力がこもりました。
結局、延長・延長を重ねて、足かけ2ヶ月で読了。


内容としては、日本企業が海外に出した支社(支店)で、日本から派遣されている駐在員が現地採用の現地人と一緒に仕事をする際に必要な知識(知っておく前提)や、改善すべき点などです。
「日本人と外国人の考え方の違い」をきちんと知っておかないと、「誤解が生じていろいろうまくいかなくなっちゃうよ」ってことです。

大前提として、日本人は同質性が高く、海外では低いということがあり、その海外勢を日本的な同質性に組み込もうとするよりも、日本側から異質性に慣れていくほうが効率的であるということのようです。


この本、なにも「グローバル企業」に限った話ではない!


日本の企業で、海外に支社を持っていなくても、成果主義だったり、360°評価だったりを採用している企業は沢山あると思います。そういうものは海外から取り入れたもの。でも、それを従来の日本的な企業でそのまま導入しても、どこかで矛盾が生じてしまう。結果、どっちつかずになってしまう・・・。

うちの会社もそう。

うちの会社はグローバル化している企業ではないけど、取り入れているグローバル基準はたくさんあって、しかし土台はベンチャーとはいえ日本企業。この中で取り上げられている日本企業における問題点、いろいろいろいろ、うちの会社にあてはまる項目多すぎる!!!

会社っていっても、今の会社でしか働いたことないし、親は個人事業主だし、私がリアルに触れることのできるサンプルはかなり少ないけど、個人的に「うちの会社、ちょっと変」って思っていたり、同僚たちから聞く会社への愚痴が発生する理由が、この本読んでだいぶんわかってきた気がします。

「日本的なもの」が悪くて、「欧米的なもの」が善いわけではないことは重々承知ですけど、何事も「そのまま」取り入れてしまっては、うまく機能しないはずです。だってそもそもの土台が違うんだから。


海外に進出するか否かは関係なく、社会人として一読の価値ありかな。
特にマネージャー級の人、人事関係の人、読んでみてください。


うちの会社のマネージャー、イントラで紹介したら読むかなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
コメント大歓迎です♪ ひとこと残してっておくれ。

Kana

Author:Kana

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
COUNTER since 18/03/07
ブログ内検索
Twitter

PHOTOs

Japan
阿蘇
天草
EUROPE
London'04
SPAIN
Budapest
Dubrovnik
the others...
プサン
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。